読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ich lerne Ruby on Rails for Africa

Railsとアフリカとkintoneで苦戦するブログ

プログラマが知るべき97のこと

この前、はてぶか何かでバズってたのを見て買いました。

プログラマが知るべき97のこと

構成

97のことがつらつらと書かれているのではなく、
基本的には見開き2ページで収まっていて見やすい。

実査には97のことに加えて、まつもとひろゆきを含む
日本人プログラマーからの10のことも追加されてるので107。
煩悩には一つ足りない。

並び方に関しては謎だが、
さすがO'REILLYさん!カテゴリ別目次ついてます。

  • 設計原則とコーディングテクニック
  • 技術、知識の習得

などカテゴリに分けられてるので、探しやすい。

中身

書いてる内容としては、結構見たことがあるものが多い気がする。
それは多分、オレがはてぶとかエンジニアのブログとか見てるから。

ボーイスカウトルール」について書いてあったり、
「1万時間の訓練」について書いてあったり。


とはいえ、やはり一流のプログラマーが書いてることもあるし、
ここに彼らの伝えたいことが(ある程度)集約されているのが良い。

特に、近いところに師匠のような方が居ない自分としては
こういうプログラマの「哲学」や「矜持」のようなものに
触れる機会が少ないのでとても良かったです。

面白かった話というかためになった話

さくっと並べておくので立ち読みする時にでも、見てみてください。

  • 01. 分別のある行動
  • 06. リファクタリングの際に注意すべきこと
  • 36. ハードワークは報われない
  • 46. すべきことは明確に
  • 48. いろいろな言葉を学ぶ
  • 68. 「人間」を知る
  • 75. 面倒でも自動化できることは自動化する

結局のところ

こういう話を聞くと「当たり前でしょ」と言われそうだけども
「当たり前」でも「大事」なことがたくさん書いてある本でした。


僕のように師匠いないけどプログラミング始めたぜ、みたいな人とか
新社会人になってプログラミング始めました、みたいな人とか
3年目ぐらいのプログラマが買うと非常に良い本かな、と思いました!

普通の読み物としても面白かったですw


プログラマが知るべき97のこと

プログラマが知るべき97のこと